女性のオーガズム

女性がオーガズムに達しないもう一つの理由とは?

女性はオーガズムに達しにくい生物

 

エッチをして、それなりに快感を得られても、なかなか満足できないという女性が多数います。それは女性のオーガズムに関係があります。女性は男性と違って、エッチをすれば必すオーガズムに達する訳ではありません。

 

また一説によると、全世界の女性の40~75%が、オーガズムに達した経験がないと言われるほど、女性はオーガズムに達しにくい生物なのです。 それはどうしてなのか?どうすればオーガズ厶に達することができるのか?

 

女性のオーガズムのメカニズムについて、考えていきましよう。オーガズムの生物学的意味は、不随意筋の収縮を指し、決して快感のあまり卜リツプして、神経がどこかにイッてしまうと言うことではありません。

 

不随意筋と言うのは、自分の意志では動かすことのできない筋肉の総称で、エッチにおいては、快感が絶頂に達するときにこの不随意筋に収縮・弛緩が交互に繰り返される痙攣状態がおこり、それに伴い激しい快感が訪れるとされています。

 

この収縮・弛緩による痙攣は、子孫繁栄のために非常に重要な動きなのです。と言うのも、男性は精子を女性の膣のより奥深いところまで発射するため、女性は発射された精子をより多く子宮へと導くために、不随意筋の収縮・弛緩がおこるからなのです。

 

オーガズ厶とは精子・卵子を受精させるための生物学的システムという訳です。どういう状態で人間にオーガズムが訪れるのか、そのシステムから見ていきましょう。

オーガズム発生のシステム

 

人間は、性的に興奮状態にあるときに、肉体的に感じる性器や性感部分を刺激されると、その刺激が信号となって大脳の視床に送られます。この大脳に送られた電気信号が視床下部の性中枢を刺激し、性的な快感を与えるのです。

 

また肉体的な刺激以外の、視覚的・聴覚的に性欲を触発するエッチな映像や声などは、大脳皮質と呼ばれる部分を刺激。興奮状態に拍車をかけるかのように、さらに視床下部の中枢に刺激を与えます。

 

こうした性的刺激が繰り返しおこなわれ、性的快感があるレベルまで達すると、今度は性器に向かって逆に脳から電気信号が送られます。この信号が、普段は自分の意志で動かすことのできない性器の奥にある筋肉、すなわち不随意筋を収縮させるという訳です。

 

収縮と弛緩は交互に起こり、オーガズムに達すると、不随意筋は痙攣状態になりますが、この痙攣も、脳から送られてくる電気信号が強ければ強いほど回数が多くなり、それに伴う快感も高くなると言うシステムになっています。

 

男性にとっての不随意筋は射精筋で、これが射精時に激しく収縮・弛緩すると強い快感が得られオーガズ厶に達したことになります。ですから、特別な要因がない限り、ほとんどの男性がエッチの度にオーガズムに達することができる訳です。では女性の場合はどうなのでしょうか?

 

 

女性の不随意筋は、膣と子宮の周辺にある筋肉。女性のオーガズムも、この不随意筋の収縮・弛緩によっておこります。まず不随意筋が収縮を始めると、子宮が上に吊り上げられ膣を奥まで広げます。

 

この動きは、男性のペニスから放出された精子を吸い込も一つとしておこるもの。そして不随意筋の収縮とともに、膣周囲の筋肉に反射的収縮がおこります。

 

反射的収縮とは、普段は自分の意志で動かすことができる筋肉なのに、自分の意志とは無関係に反射的に収縮してしまうという状態。膣周囲の筋肉が、自分の意志に関係なく、どっくどっくと脈打つように収縮と弛緩を繰り返すのです。

 

この状態が、女性もオーガズムに達した証になります。本当にオーガズムに達すると自分自身ではっきりとわかるものです。ます自分の意志に反して膣周囲の筋肉が脈打ちますし、心拍数は上昇、表皮には鳥肌がたって、全身にうっすらと汗をかきます。頭の中は真っ白になる。

 

現実的に、オーガズムに達した経験がない女性は多く、自分はイッたことがあるのだろうかと迷い、どうしてイッたことがないのだろうと悩んでいます。

女性がオーガズムに達しにくいのはなぜ?

 

オーガズムは、精子と卵子を受精させる生物学的システムです。つまり、女性はオーガズムに達することで精子をより深く吸い込み、妊娠する確率が高くなります。

 

もし女性のオーガズムがいつでもおきていたら、女性はエッチをした相手なら誰の子どもでも容易に妊娠してしまうことになります。そこで、より強い子孫を妊娠するために、女性はオーガズムというシステムを使って、無意識に精子の選別を行っていると考えられるのです。

 

男性の場合は、より多くの女性に射精することで子孫を残す確率が高くなりますが、女性は長い妊娠の期間、その後の授乳、子育てなど、一度妊娠してしまうと大変な負荷がかかります。

 

また他の動物とは異なり、1回の妊娠で産める子どもの数も、1人から多くて3人と、決して多くはありません。一度の妊娠で、より強く、より生命力の強い子どもを生み出さなければならないのです。

 

そのためには、子どもを養う力があり、生命力・生殖力の強い男性を厳選しなくてはなりません。そこで、この男性の子どもなら欲しいとか、この人についていきたいとか、この人なら大丈夫だろうと思えるような、胸がときめく相手とのエッチでは激しく興奮し、脳内から快楽物質を多量に分泌。その結果、オーガズムに達することができるという訳です。

 

エッチの快感にときめくことが重要だといった理由も、これで納得できると思います。逆に、この男性が相手だと自分が苦労するとか、マイナスイメージが強くときめかない相手とのエッチでは、オーガズムに達しにくいのです。

女性がオーガズムに達しないもう一つの理由とは?

 

とくにこの平成では、健康的で美しく、強い男性の精子を受精して妊娠してしまうより、多少見劣りし、胸がときめくことがない相手だったとしても、生活力のある子育てに役立つ男性の子孫を残したほうが、子どもが育ちやすいという背景があります。

 

この背景によって、女性は生活の安定を望み、夫にときめかないけど安心できる!そういう男性を夫に選んでしまう傾向があります。そのため、現代の女性はオーガズムから遠ざかっているともいえます。

 

もちろん、結婚した相手を愛し、大切に思ってはいるでしよう。しかしそれが必すしも胸がドキドキする相手であるとは限りません。恋する相手と結婚する相手は違う。

 

そうする女性も多数いるように、安心できる相手は、ときめく相手ではない場合が多いのです。ときめかない夫とのエッチでは、脳内の興奮を促すノルアドレナリンの分泌量は増えないため、必然、オーガズムも遠ざかるのです。

 

それにこの逆の相手とのエッチでは、ノルアドレナリンの分泌が多くなってしまいます。この人と結婚はできない!手に入れることができない人なのだという気持ちが、より一層、逆の相手への恋心を増長させ、なんとしてでもこの人を得たいという無意識の意識によって、エッチの興奮度が高くなるからです。

 

その結果、オーガズムに達しやすくなり、逆の相手の子どもを妊娠する確率も高くなるという訳です。

女性がオーガズムに達しないさらにもう一つの理由とは?

 

女性がオーガズムに達しにくい理由があります。それは、性的刺激を敏感に感じ取る性器、クリ卜リスの形と大きさ、位置です。男性器と違い、女性のクリ卜リスは意識して外部から刺激を加えない限り、快感を得られないようなつくりになっています。

 

また通常は表皮の内側に隠れているため、簡単に刺激を加えることもできません。なぜこのような体に進化したかと言うと、女性が男性のようにたやすく性的快感を得られ、興奮してしまうような体では、厳正な男性選び精子選びができなくなってしまう可能性が高いからではないでしょうか。

 

女生が性的に興奮し、オーガズムに達すると、男性はその女性を愛しく思い守ってあげたいという気持ちになります。そして男性自身の快感度も高くなり、もう一度この女生とエッチしたいという欲求がつのります。

 

これは女性のエッチの価値をあげていると言えます。女性にとっても、オーガズムに導いてくれるような胸がときめく理想の男性は、極力手放さないで、末永く側にいてもらいたいと思うはず。

 

それなのに誰とエッチしても快感を得られ、確実にオ-ガズ厶に達するとなると女性のエッチの価値は暴落し、女性自身も誰とエッチしも気持ちよいから、男性を選ばすにエッチをしてしまうという結果になってしまいます。

 

このように、女性がなかなかオーガズムに達することができないのは、優秀な精子を厳選するために仕組まれたものです。

 

女性がオーガズ厶に達しやすい体づくりを解説します


 
湘南美容外科クリニック 聖心美容外科 家で黒ずみケア 横浜中央クリニック詳細