性フェロモン

汗の臭い、陰部の臭いを嗅ぐことで人間の脳は相手のフェロモンを感じ取れる!

人間の脳内で感じる性フェロモンとは?

 

動物が分泌するフェロモンと言う物質のなかには、相手をひきつけ交尾へ誘う重要な働きをするものがあります。

 

フェロモンを感知した動物は、性的に興奮し、交尾したくなります。フェロモンとは、生物が体内の器官で生産、体外に微量に分泌し同種の別個体に作用する物質のことで動物が分泌するフェロモンには、性フェロモン、警報フェロモン、集合フェロモン、道標フェロモンなど、異なる作用をする多種が存在します。

 

そのなかでも相手を興奮・発情させ交尾を促すのが性フェロモンです。では人間にも、本当にこの性フェロモンは存在するのでしようか。

 

フェロモンと言っても、実際にその人から性フェロモンの匂いを感じ取ったことがあるという話を聞いたことはありませんよね。でも実は人間にも、性フェロモンは存在するのです。

 

近年までは、フェロモンを受容する器官(フェロモンの句いを感じ取れる器官)が人間の場合は退化し、消失していると考えられ、フェロモンそのものは存在していても効果はない。無用の長物と思われていました。

 

人間には、ほかの動物のように鼻でフェロモンを嗅ぎ分け、意識的に感知することはできないと言うのです。確かに、性的魅力に溢れている人は、視覚的にフェロモンを出していると判断しますが、その匂いだけで判断されることはありません。

 

視覚に頼らず性フェロモンだけで相手をひきつけ、興奮・発情させることは難しいように思えます。ところが昨今、今まで人間にはフェロモン効果は無いと言われてきましたが、最近の研究で人間にもフェロモン器官の存在が証明されといわれています。

 

人にもフェロモンを感知する器官が、鼻の中に存在すること。そして、 人にしか効かない人フェロモンが存在し、ムスクなどの動物性フェロモンは、同じ動物同士にしか作用せず、人には何の効果もないことが発見されました。

 

人間は嗅覚で意識的にフェロモンを感知していなくても、脳内では確実にフェロモンの刺激を受けていると言う事実が発覚、その効果が研究され始めています。人間もフェロモンで異性をひきつけたり、エッチへ誘うことができるのでしようか?どうすればそれを感知しどのようにに利用すればよいのでしようか?

脳内では確実に刺激を受けているという人間のフェロモン

 

意識していなくても脳内では確実に刺激を受けているという、人間のフェロモンについて、わかりやすい例として、女性がよくいう生理がうつるという現象です。これがフェロモン感知の鍵です。

 

生理は伝染病ではありませんから、医学的に考えても本来はうつるはすがないものです。しかし実際、女子寮では寮生の間で生理がうつり、ほぼ同時期に集団で生理になるという現象がおきてることが、研究者によって証明されました。

 

これは女性の排卵日が同調してくることを意味しているのですが、その原因が性フェロモンにあるというのです。排卵日付近では、DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)の生産量がアツプしています。

 

この物質は、体の多くの機能に必要な性ホルモンなど、重要な媒体やホルモンを作り出す物質です。つまりDHEAこそが、性フェロモン生成の元になっている物質で、これが排卵日付近に増えることで、必然的に生理中の性フェロモンの分泌量も増加。

 

その生理中の女性が出す性フェロモンが、まだ排卵が起きていない女性たちを刺激・興奮・発情させ、排卵予定日ではないにもかかわらず性ホルモンの分泌を促して排卵を起こさせ、生理を早めてしまうと考えられているのです。

 

生理がうつってしまった女性たちは、性フェロモンの存在に気がついてはいません。それを意識的に感知してはいないのです。けれども無意識のうちに鼻からフェロモンを嗅ぎとり、それを脳で察知して性的に興奮発情し、自分自身も性ホルモンを多量分泌して生理になってしまっているのです。

 

このことから、人間にも性フェロモンは存在していて、その存在は意識的に感知することはできないけれど、無意識に嗅ぎとり刺激を受けているということがわかります。また人間の性フェロモンも、動物の性フェロモンと同様に自分以外の存在を性的に発情させ興奮させる効果があることがわかりました。

汗の臭い、陰部の臭いを嗅ぐことで人間の脳は相手のフェロモンを感じ取れる!

 

性フェロモンは、主に人間の汗や尿と一緒に体外に放出されています。ですから汗の臭い、または陰部の臭いを嗅ぐことで、人間の脳は相手のフェロモンを感じ取れるということになります。

 

フェロモンを愛情がなくなったカツプルが有効に活用するためには、この汗・陰部の臭いを利用するとよいでしよう。そうは言っても、エッチの前や最中に、パートナーの汗の臭いを嗅いだり、陰部の臭いを嗅ぎなさいと言ってる訳ではありませんよ!

 

もちろんそうしても問題ありませんが、簡单な方法は、エッチの前にお風呂に入らないという方法です。エッチするとき、汗くさかったり体が汚れていたりしたら相手の人に嫌われてしまう、不潔だと思われてしまう。

 

そう考える人もいるでしよう。確かに、パー卜ナーが不潔で異様な臭気を放っていれば、それだけでこの人とエッチしようという気持ちは萎えてしまいます。でも1日くらいの汗なら、
お風呂に入らなくても臭気を放つことはありません。

 

汗で体がぺ夕ぺ夕する場合は、よく絞った夕オルで軽く体を拭くだけで十分。鼻で感知できる臭いが取れれば問題はないのです。お風呂を我慢することで、自分でも気がつかないうちに表皮に分泌されたフェロモンが、パー卜ナーを興奮・発情させて、ノルアドレナリンが多く出る快感エッチとつながるのです。

 

男女各1名のカップルに、同じ時刻、同じ方法、同じだけの時間、同じ場所で2日間続けて合計2回のエッチするフェロモン実験では、エッチ入浴前・エッチ入浴後、それぞれのエッチの後、男女ともに尿を採取し彼らの尿の中に含まれる、力テコールアミンを検出し、検出した力テコールアミンから、脳内に分泌されるアドレナリン・ノルアドレナリン・ドーパミンという快楽物質の分量を計測。

 

それぞれのエッチにおける興奮度・快感度を割り出した結果。入浴した後のエッチ、つまり汗も陰部の臭いも洗い流し、フェロモンが表皮からなくなった状態でおこなうエッチよりもフェロモンが表皮に残っている状態の入浴前のエッチのほうが、男性も女性も脳内の快楽物質の分泌が非常に高くなっていたのです。

 

快楽神経を刺激するドーパミンの分泌も促され、かなりの数値で高くなっているのです。お風呂に入らないという単純な行為が、エッチでの快楽を本人たちが気づかないうちに高めているのです。


 
湘南美容外科クリニック 聖心美容外科 家で黒ずみケア 横浜中央クリニック詳細