小陰唇が肥大

小陰唇が肥大しているように見える意外な要因を徹底的に解説!

小陰唇とは

 

女性の陰部にあるふっくらとした皮膚の膨らみを、大陰唇といい、小陰唇は、その内側にある薄いひだ。尿道口と膣口の両脇にあります。

 

左右の小陰唇を軽く外側へ引くと尿道、膣口などの粘膜が見えます。

 

また、小陰唇と大陰唇の間に、ひだ状の皮膚がある事もあり、これを副皮と呼びます。

 

副皮はある人とない人がいますが、全く無い女性や2重・3重にある女性、片方だけある女性など、個人差が大きいことが特徴です。

 

ひだの間には汚れや恥垢がたまりやすいため、臭いや炎症の原因となる場合があります。

 

片方だけある場合、バランスが悪いということが、コンプレックスになっている女性もいます。

 

小陰唇・大陰唇・陰核だけでなく一度自分の副皮を目視して見て下さい。

小陰唇の色

 

小陰唇の外側のみに色素沈着をするタイプがおよそ2割、8割の人は外側だけでなく、小陰唇の内外側の皮膚全体に色素沈着しています!(白人とは違うんですよ!)

 

また、全く色素沈着のない人は、わずかな女性です。

 

色素沈着の程度については、皮膚の色が黒い人の方がより色素沈着が強く、乳頭の色が濃い人は小陰唇の色素沈着も強い傾向にあるのです。

 

陰部(小陰唇・大陰唇)の真っ黒の原因はなに?

 

原因は、真っ黒の原因物質のメラニンが色素沈着しているからです。普通メラニンが沈着していても、肌のターンオーバーによって自然と垢として排出されます。

 

でも肌のターンオーバーが乱れていたり、摩擦がかかったりするとメラニンがうまく排出されなかったり、逆に多く作り出されてしまい結果的に真っ黒になってしまいます。

 

小陰唇・大陰唇の黒ずみを解消するには肌のターンオーバーをしっかり働かせることと、メラニンを必要以上に作り出さないことが大事なんです。

 

小陰唇・大陰唇の黒ずみをマジで治したいと思っている女性はかなりいます!どんな方法があるのでしょうか?

病院や美容外科クリニックに行かないと治せないのか?自宅で治せないのか?人には相談できない悩みですね!

 

デリケートゾーン用クリームとは?

 

陰部(小陰唇・大陰唇)の黒ずみを解消するには、時間がかかります。

 

黒ずみの進行具合や生活環境やストレスによってもかなり違ってきます。

 

デリケートゾーン用クリームを使った自宅治療では、早い女性で1週間で薄くなってきたと効果を実感する方もいれば、遅い人では3ヶ月以上かかる人もいます。

 

時間は、かかりますが、自宅だけで美容外科クリニックに行くより安い費用で黒ずみを解消することも可能です。

 

ただ生理前になると肌トラブルが発生する敏感肌の女性は少し注意が必要ですね!

 

小陰唇肥大や真っ黒を確実に治すなら手術

 

デリケートゾーンの黒ずみを確実に治すならデリケートゾーン用クリームは時間がかかります。

 

年齢や肌の新陳代謝によっても改善具合が変わってくるからです。

 

確実に今すぐ治したい方には、黒ずみ切除手術が一番有効と考えられます。

 

また小陰唇肥大は臭いの原因の一つですし、副皮が2重・3重にある女性は、ひだの間に汚れや恥垢が溜まりやすくなります。

臭い臭いを発生させる最悪の要素にもなります。費用は美容外科クリニックによって異なりますが、時間がかからず黒ずみは解消されます!

 

小陰唇は非常に柔らかい組織であり、美容外科の知識と経験が重要とされますので口コミ情報などで評判の良い美容外科クリニックを選択するのがベストです。

 

小陰唇が擦れて痛いなら

美容整形

 

女性が知りたい小陰唇が大きくなる原因とは?

 

 

小陰唇は思春期頃から性に目覚めてから大きく厚くなったり色素沈着が出てきて、成人には完成します。

 

どのくらい大きくなるかは人それぞれで、遺伝的な要素が強く、個人差があります。

 

その後、様々な要因(先天的なもの・ホルモンとの関係・加齢や慢性的炎症が原因)で大きくなることもあると言われており、物理的刺激、アトピー性皮膚炎や、尿失禁に伴う皮膚の炎症、女性ホルモンの感受性、リンパ浮腫などもあるとされています。

 

小陰唇が大きくなったことによるトラブルは、歩いたり自転車に乗ったりすると小陰唇がこすれて痛い、エッチの時に痛いなど、痛みに対する悩みも多いです。 小陰唇肥大は、手術によって解消することが可能なんですよ!

小陰唇が肥大する間違った知識とは?

 

エッチの回数が多い・オナニーのしすぎなどで、小陰唇が肥大して黒ずむと言う噂、耳にしたことありませんか?失礼な話ですよね。

 

これは都市伝説の一つで、小陰唇が肥大する原因は先天性もしくは思春期や妊娠を境に肥大することが多いことからホルモンバランスの変化が原因ではないかとされています。

 

そして慢性的な炎症が原因である・年齢によるもの、という説もあり、完全な原因ははっきりわかっていないのが現状なんです。

 

女性の陰部は個人差が非常に大きく、理想的な美しい形というのは美容外科ではある程度決まっていますが、平均的な大きさや形といったものは確定されていません。

 

まっすぐ鏡の前で直立した状態で少しはみ出るくらいなら通常範囲!その状態で大陰唇から大きくはみ出したり、垂れ下がったりしている状態は肥大しているととらえています。

一般的には、どのくらいの大きさになると小陰唇肥大というのでしょうか?

日本人では小陰唇のもっとも外側から膣口までの幅が2pくらいが一般的な大きさと言われていますが、白人の女性や黒人の女性は、体格の違いから幅の広い女性が多く、5cm以上を小陰唇肥大と定義しています。

 

現在の女性器形成の美容外科クリニックとは?

 

小陰唇の正しい形とは?他の女性と比べて自分の小陰唇が大きいか小さいか?

 

自分ではよく分からないですよね。気になるなら専門家に相談しよう!

 

現在の美容外科クリニックでは、小陰唇・大陰唇・副皮をはじめとする女性器形成の相談・症例数はかなり多く、かなりの女性がデリケートな悩みを抱えています。

 

美容外科クリニックの先生が実際に見てみると特に肥大してもいないのに大きいと感じている女性も多いのが現状とか。

 

恥ずかしい場所なので、おおっぴらに見せられないので平均値が分からない分、気になってしまうのではないでしょうか?

 

しかしやっぱり気になる方は、専門医に悩みを聞いてもらうことも選択肢の一つですよ。今はメールでの無料カウンセリングもありますので悩む必要はありませんよ!

小陰唇が異常に大きく見える要因とは?

 

 

小陰唇が、加齢による下垂で大きくなる事は知られていますが、小陰唇が意外な要因によって大きく見えてしまうことがあるのです。

 

それは小陰唇を包み込むはずの大陰唇が痩せてボリュームが減ることで、小陰唇が際立って見えている事もあるのです。

 

小陰唇ばかりに目がいってしまいますが、小陰唇の大きさはあまり変わっていないこともあるのです。

 

大陰唇のボリューム(ふっくら感)が減少していると、ハリを失いクッション性がなくなった分だけ、内側にある小陰唇が強調され、外に飛び出してしまいます。

 

大陰唇のふっくら感も必要なんですよ!

 

小陰唇が異常に大きく見える悩みが、大陰唇の影響を大きく受けているような場合には、大陰唇にヒアルロン酸や自身の脂肪細胞を注入して、ふっくらと厚みを取り戻した状態に改善することもできます。

 

厚みを増した大陰唇の間に小陰唇が包みこまれるため、小陰唇は小さくなります。

 

大陰唇の厚みを取り戻す治療法によって小陰唇の飛び出しが抑えられるため、小陰唇を切除しなくても小陰唇肥大の悩みが改善されると言う事です!

 

意外に重要な大陰唇とは?

 

女性の性器は、外陰部と体の中の内生殖器に分かれます。特に内生殖器は、妊娠・出産に関わる重要な器官です。

 

大陰唇は、外陰部を左右から取り囲んでいる二列のひだのことです。

 

大陰唇は、足の付け根と外性器の割れ目の間のふっくらとしているひだ状の皮膚の部分です。

 

成人になる頃には、脂肪がたまりふっくらと盛り上がってきます。思春期を過ぎる頃から色素が蓄積し、少しづつ黒ずんでくる場合もあります。

 

大陰唇は、その内側にある小陰唇とは組織は全く異なります。

小陰唇は薄いひだ状ですが、大陰唇は皮下組織が発達してい手血管も多く、ふくらみ、柔らかな弾力を備えています。

 

思春期前は薄いピンク色をしていますが、加齢とともに色素が濃くなって褐色に近づくとともに陰毛が生えてきます。  

 

大陰唇は、ふだん内側にある尿道口や膣口など、女性器を守っていて、エッチの時には重要な役目に早変わりします。

大陰唇の皮下脂肪の下には、前庭球という海綿体が広がっていて、性的な刺激を受けて興奮すると血液が集まって膨張します。

 

これが、クッションの役割を果たします!大陰唇には、特有の臭いを持つ分泌物が出る汗腺と皮脂腺がたくさんあるのでいつも清潔にしておく必要があります!

 

汗をかきやすい部分であり、生理やおりものなどでいつも湿っているためかぶれてしまいむずがゆくなってしまうことがあります。

 

また、色素の沈着が起こり安くなりますので、下着をまめに取り替える工夫が必要です。

 

思春期前は皮膚と同じような色をしていますが、成長にともない少しずつ黒ずんでくることがあります。

 

大陰唇の周囲には汗腺が多く存在しているのでおりものの分泌や経血などで湿った環境になっています。

 

そして、下着や陰毛でこすれることやかぶれて炎症が起きるなど、外部からの刺激を受けやすい部分です。

 

それによりメラニン色素が発生し、沈着が起きることで黒ずみが生じてしまうのです。

 

また加齢や体重減少によって脂肪が落ち、大陰唇のはりがなくなることがあります。

大陰唇の整形とは?

 

大陰唇は、脂肪組織と皮脂線が豊かな部位です。大陰唇には外部の衝撃から女性器や尿道を守る役割があります。

 

大陰唇の整形には、大陰唇を小さくする大陰唇縮小術と大陰唇を大きくする大陰唇肥大術があります。

 

大陰唇縮小術とは何か?

 

大陰唇縮小術では、脂肪吸引で大陰唇の脂肪を減らし縮小します。大陰唇が肥大しすぎて、こすれて痛みがある!大陰唇が下着からはみ出る!

 

などの悩みがある場合は、大陰唇縮小術がおすすめです。脂肪吸引手術で完了します。

 

大陰唇肥大術とは何か?

 

大陰唇を大きくしたいと言う人もかなりいるみたいです!それは大陰唇にボリュームがないと小陰唇が異常に大きく見えてしまうことなんです!

 

大陰唇の張りを取り戻したい女性には大陰唇肥大術がおすすめです。

 

大陰唇肥大術は、ヒアルロン酸など注射剤を入れる方法と自身の脂肪を注入する方法があります。

大陰唇がふっくらすることでどんな事が改善されるのか?

 

小陰唇を小さく見せる効果以外にも、大陰唇がふっくらすることによって得られる効果があります。

 

 

大陰唇がふっくらするとクッション性が増します!自転車に乗るときやエッチの時などのデリケートゾーンへの衝撃を大陰唇が吸収してくれます。

 

摩擦や圧迫による痛みの軽減や解消が期待できます。

 

そして大陰唇の乾燥が改善されるとともに、小陰唇の乾燥やかゆみの軽減も期待できます。

 

大陰唇がふっくらするとシワがなくなりハリ感が生まれるので、見た目の印象が良くなるなどかなりの相乗効果もありますよ。

 

小陰唇肥大の原因は、大陰唇のボリューム(ふっくら感)が減少していることも考えられるので自分の外陰部のチェックが必要ですね!

 

CM絶賛放送中!

<湘南美容外科クリニック>

美容整形

小陰唇・大陰唇の黒ずみ・乳首の黒ずみ専用美白クリームならコチラ!

 
湘南美容外科クリニック 聖心美容外科 家で黒ずみケア 横浜中央クリニック詳細