膣入口

処女膜はどうしてあるの?足を関くと膣入口、丸見えの女性のアソコとは?

処女膜はどうしてあるの?

 

よく知られていることですが、哺乳動物の中で、処女膜があるのは人間とイヌ・イルカ・ウマ・カモノハシ・ガラガラヘビ・キツネザル・コウモリ・ゾウ・ネコなど、女性器に古いも新しいもないと割り切っている方は別として、この処女膜が破瓜されているかどうかにこだわるのは、一般的な男性心理ですよね!

 

昔は、初夜に新妻が出血しなかったため、マジ処女?と疑念が生じ、離婚に至るケースも珍しくなかったようです。もっとも、最近のように処女膜再生手術が簡単にできると、処女か非処女かはご本人のみ知るで、処女膜は男性にとってそれほど価値があるとも思えなくなっています。

 

では、処女膜がまったく無用かと言えば、そうとも言いきれません!最近、アメリカや日本ではセックス年齢がますます低下し、若年妊娠が増えています?それにともなって深刻化しているのが、子宮頸部ガンの増加です。

 

女性は初潮を迎えると、生理的には女性としての機能が備わります。最近では初潮年齢も早まって、おおよそ10歳ぐらいと言われていますが、初潮があってしばらくすると、今度は排卵性月経が始まります。

 

これには個人差があって、早ければ初潮から2力月くらい、遅ければ2年くらいで始まりますが、排卵性月経が始まれば、受胎可能です。ところが、受胎可能になると言っても、思春期を終えるまでは子宮膣部の組織が十分に完成していません!

 

 

外子宮ロと内子宮ロの間である子宮頸部は、偏平上皮、円柱上皮という二つの異なる細胞組織の接点になっており、そのさかい目は、扁平上皮と円柱上皮。思春期以前は外子宮ロの内側、つまり頸管のほうに向いているのです。

 

そして、年齢とともに、扁平上皮がだんだん子宮口内にまくれ込んでいきます。扁平上皮がまだ膣のほうを向いているとき、性交渉によってぺニスという異物が侵入し剌激が加わったり、ベニスとともによけいなものが持ちこまれたりすると、上皮が剥離してしまって爛れを起しやすいのです。

 

これを膣部びらんと呼びますが、こういう現象がかならずしも子宮頸部ガンの原因になるとまでは言えないまでも、前駆症状となる可能性は極めて高くなります。アメリカで女性の初体験年齢が下がっていることと子宮頸部ガンが増えていることには、相関性があると言うのです。

扁平上皮がある程度子官口内にまくれ込み、性交を経験しても問題ないという年齢は人によって様々ですが、だいたい16~18歳の間と言われています。

 

だから、まだ十分に完成していない思春期以前の膣部をむやみに使わないように、処女膜がブロックしていると考えれば、処女性とか貞操観念とは別に、処女膜のもつ意味はきわめて大きいのです。

処女・非処女を見分けることができるの?

 

ある週刊誌で、処女探しと言うクイズがありました。若い女性が正面を向いて立っています。その中から、処女と非処女を選ぶと言うクイズでした。私の正解率は50%でしたが、本当に処女・非処女かどうかは、分かりませんよね!

 

処女膜はセックスだけで破れるとは限りませんから!最近の女性は体を活発に動かすことが好きなので、運動によって破れることもあります。意外に多いのは、自転車のサドルによる破瓜ケースです。

 

サドルというのは、女性のアソコにあたっている恰好になっていますが、急ブレーキをかけたときなどに、サドルに激しくぶつかると、処女膜が破れててしまうことがあると聞きます。

 

処女膜は破れていてもその女性が絶対にセックスをしたことがない、私は処女だと主張すれば、それに反証するだけの証拠はなにもないです。いくらセックスをしようとしても、処女膜が破れないというケースもあるのです。

 

そのために処女膜切開手術というのが、現に行なわれていますから!今の時代いるのかな?結婚初夜のときに、新婦に出血がないといって怒る男性!処女膜がつながっているから処女なのか?出血したから処女なのか?

 

あるいは処女膜は破れているが、自分は男性を受け入れたことがないというのが処女なのか?判断は難しいです。相手がそう言うなら、あとはそれを信じるほかないのですよ!故に処女・非処女を見分けることは困難ですよね!

足を関くと膣入口、丸見えの女性はアソコがゆるいの?

 

神秘的な女性の股間というものは、普段、小陰唇が陰裂をふさいでいて、性的興奮が高まると、愛液の分泌がさかんになって、次第に緩んできます。このような時、自惚れ男性は、自分の男性能力によって女性の体が開いた!と思っているものです。

 

しかし残念ながら、日本女性の10人のうち4人までは、とくに性的に興奮していなくても、足を開いただけで膣入口どころか、ときには膣の内部まで見えてしまう女性もいます。この露出した姿を仰臥位ではなく、立ったり、歩いたり、あるいはしゃがんだりする場合も含めて考えてみてください。

 

当然のことながら、下腹部に力がはいり、その圧力は外陰部と肛門に向かって拡散しようとするでしょう。その結果、分泌物はとどまるところを知らず流れ出ます。

 

セックス経験を重ねるとアソコも開きっぱなしになりやすい?

 

膣入口の露出度をセックス経験で見ると、処女の場合、陰裂がはっきりしないものが71%、陰裂ははっきりしているが、閉じていて、膣入口や処女膜が外から見えないものが23%、陰裂が開き、膣前庭、膣入口、処女膜や、膣壁まではっきり見えるものは5%と、さすがにその数は少ないとのデーターもあります。

 

これがセックス体験者となると、陰裂が開き、膣前庭、膣入口、処女膜や、膣壁まではっきり見えるものが17%、出産経験した女性になると47%と、その数字が断然多くなってきます。

 

でも、膣入口の露出はセックスや出産の経験だけによるとは、かならずしもいえません!生まれつき、そういうアソコの持ち主もいるからです。この露出度は、締まりのよし悪しとはまったく別ものであります。

 

たしかに、ゆるんできて開くものもありますが、開きっぱなしだからといって、かならずしもセックス面でマィナスとは言えないです。小陰唇の発育がよくて厚みがあったり、あるいはクリトリスの発育がよかったりすれば、それだけ小陰唇も左右離れやすくなるとも考えられるからなのです。


 
湘南美容外科クリニック 聖心美容外科 家で黒ずみケア 横浜中央クリニック詳細