会陰部

会陰部に隠された驚愕の事実とは?会陰部をもっと詳しく説明します。

会陰部に隠された驚愕の事実とは?出産体験が一目瞭然

 

会陰部(デジタル大辞泉の解説では、1 外陰部と肛門(こうもん)との間の部分。蟻(あり)の門渡(とわた)り。2 広義には、医学で、左右の大腿(だいたい)と臀部(でんぶ)に囲まれた部分(骨盤下口を覆う軟部)をいう。

 

前方を恥骨結合、後方を尾骨、側方を左右の坐骨(ざこつ)結節に囲まれた菱形(ひしがた)の領域で、前方の三角部を尿生殖三角、後方の三角部を肛門三角という会陰部。)を見れば女性の出産経験の有無は一目瞭然です!

 

会陰部から肛門にかけては、大昔から女性の鋭敏なところとされてきました。会陰部および肛門は、医学書などでは外陰とまとめて図示されることが多いですが、医学的には外陰には含まれないのです。(色々な見解があるのかも?

 

医学専門書でも会陰部と肛門が外陰に含まれるかのような書き方をしていることが多いです。この会陰部と肛門は外陰、女性器には含まれないとは言え、鋭敏なところであるため、セックスにおいても、愛撫、舌技などの対象とされることが多いですね。

 

会陰部に隠された驚愕の事実とは?それは、会陰部を見ると、女性の出産体験が一目瞭然で判別できると言うことです!出産未経験の女性は、この会陰部が膨らみを持っていることです。

 

女性の会陰部にはピーンと張った筋肉がニ本、十字に交わっていますが、この部分の張りが十分で、盛り上がっているのです。

 

ところが、出産を経験するとこの筋肉の張りが損なわれてゆき、会陰部が平坦な形になってきます。この部分の張りを見るだけで、その女性に出産経験があるか否かは、まず確実にわかると言うことです!

会陰部をもっと詳しく説明します。

世界大百科事典 第2版の解説・えいん【会陰 perineum】肛門と外陰部の間の狭い部分をいうが,広義にはその下にある会陰筋が含まれる。会陰筋は尿生殖隔膜と骨盤隔膜にわけられる。

 

尿生殖隔膜は前方にあり恥骨結合と恥骨弓の間にあり,先端を前にむけた三角形を呈し,尿生殖三角ともいう。

 

ここにある会陰筋は尿生殖筋群とよばれ,坐骨海綿体筋,球海綿体筋,浅会陰横筋の三つからなる。ここを男性では尿道,女性では尿道と腟が貫く。尿道を囲む部分が尿道括約筋である。骨盤隔膜は会陰のうち後方の大部分で左右の坐骨の間をいい男女とも肛門が貫く。

日本人にお尻のエッチは向かない!

 

唇、乳房、性器......粘膜のあるところには、女性の性感帯はすべて存在します。当然、肛門も鋭敏なところです。この肛門というのは、女性器に比べてみると、実に表情が豊かであることがわかります。

 

女性器には個人差があるとは言え、クリトリスをのぞいては無表情です、肛門は、優しく触れれば恐縮するなど、何とも愛嬌があります。

 

この愛嬌のある箇所は女性にとって重要な性感帯のひとつです。ここを舌で愛撫されると、女性は体に電気が走ったような快感を得ます。嫌なこだわりは捨て、性器の一つとして、愛撫、舌技などで十二分に堪能していいのではないでしょうか。

 

と言っても、日本人の場合、白人のようにお尻の穴にぺニスをインサートしてしまうお尻のエッチができるかと言えば、これはひじょうに疑問ですよね!

 

まず第一に、白人の男性と日本人の男性では、同じペニスでもまったく違います!白人のぺニスはたしかに長いです。通常でもニ握りと言われています。

 

長さの点では、日本男子と言えども、とうていかないません!だが、硬さでは、日本人の男性のほうがはるかに優れていると言われています。ペニスが勃起したとき、白人男性のほうは「それで勃起しているの?と言いたくなるほど、とても柔らかいです。

 

それでも、上だけは向いています。これに比べて、日本の男性のほうは、指で弾いてもびくともしないほど、力チン力チンになっています。お尻のエッチは、膣ではなく、肛門を使用するエッチです。

 

エッチに際して、女性器の膣内から愛液がでて、ぺニスを迎え入れやすくする、と言ったようなことはない!挿入しやすいか、挿入しにくいかは、もっぱらぺニスの硬さによると言っていっていいです。

 

したがって、白人男性のような柔らかいペニスのほうが、尻のエッチに関してはだんぜん有利なのです。フニャフニャと変型しながらも、スルスルーと肛門におさまってしまいます。

 

だが、硬いぺ二スをもつ日本人男性の場合は、そうはいきません!たとえローションなどを塗ってもそのままぺニスを女性のお尻に突きたてたら、女性は痛さのあまり飛びあがってしまうでしょう。

 

女性にとっては、便秘のとき便をだすのを逆に入れられたようなもので、その痛さと言ったら!日本人には、お尻のエッチは向いていないようです。

日本人女性の肛門は美しいのかな?

 

 

肛門をもう一つの性器として考えるとき、気になるのは、女性の肛門が変形をきたしていないかどうか、ということです。正常な肛門をもっていたのは、ある調査では、半数に満たない!そして、印象的だったのは、自分の肛門が変形している、そんなことは夢にも思っていない女性が大部分であった!

 

肛門が数多くの皺とヒダでできていることは、その伸縮性からもわかりますよね。肛門の皺とヒダを肛門皺襞と言います。この部分は、脱肛や痔核によって、変形し、もりあがって、異常膨隆を起こすことがしばしばあるのです。

 

この膨隆のある女性は、年齢とともに増えていきます。半数以上に何らかの膨隆が生じはじめるのは、29歳以上であり、19歳までは約8割近くが正常であったものが、20歳をすぎると明らかに減少しはじめます。

 

38~43歳では約6割の女性に異常があることになります。これは一般的にはあまり知られてないことですが、19歳までの女性でも、直経5~10ミリの膨隆が5%、つまり約10人に1人の割合でいる結果もあります。

 

若ければ肛門がきれいだと言うことにはならないようです。一方直径15ミリをこえるものとなると、さすが19歳以下の比率は低くなります。しかし、20~23歳、38~40歳の両群では、平均値を上回る。

 

26歳以上であれば妊娠や分挽のかかわりが一応推定できますが、20~23歳群の平均が上回ることは、それだけではない何かが介在しているのではないかという印象を受けます。

 

肛門の皮膚の色は、女性によってさまざまであります。ほとんど色素沈着がないものから、墨を塗ったようなもの。これも、セックスの重大な要素である視覚的快感に大きな影響を及ぼします。白人女性の肛門皮膚における色素沈着はほとんどないと言われています。


 
湘南美容外科クリニック 聖心美容外科 家で黒ずみケア 横浜中央クリニック詳細