クリ卜リスの仕組み

男のぺ二スに相当する器官クリ卜リスの仕組みとは?

クリ卜リスの仕組み

 

左右の小陰唇に囲まれた部分を膣前庭と呼びますが、その最先端に位置しているのがクリトリス(陰核)です。

 

クリトリスは、海綿体、神経線維、血管などが集まった陰核体でその先端の陰核亀頭、全体を包んでいる陰核包皮から成り立っています。膣前庭をとり囲むように大陰唇の下にもぐりこんでいる部分を陰核脚と呼びます。

 

一般的には女性のぺニスと言われるように、クリトリスは男のぺ二スに相当する器官であります。陰茎海綿体に相当する左右一対の陰核海綿体から成り立っています。クリトリスはぺニスと同じように性的興奮に対して勃起してきます。膨張のしかたはぺニスとは違い、クリトリスは180度半円状に膨らみます。

 

クリトリスが勃起するのは、陰核海綿体に血液が溜まるからです。このクリ卜リスの仕組みはぺニスが固くなる仕組みと同じなんです。刺激によって海綿体内の小動脈が拡張し血液の流入が増加するために、海綿体の容積が拡大します。

 

それとともに静脈壁が圧迫され静脈からの血液流出の一部分が阻止されるので充血状態になり固く勃起する仕組みなのです。クリ卜リスは膨張して大きくなりますが、その膨張率はぺニスほど高くはなく、1.5倍程度です。

クリ卜リスの仕組み・クリトリスの構造

 

クリトリスは7割以上が完全包茎!クリトリスと言っても、外見的に見分けることができるのは、陰核包皮と陰核亀頭だけで、陰核脚はすべて大陰唇表皮の下の結合織内にあって、陰核海綿体などは目に触れることはありませんよね。

 

一般的に自然体での女性のクリトリス亀頭部分の大きさは、5ミリ以下が35%、5~7ミリが47%、7ミリ以上が17%!クリトリスの7割は皮かむりとの結果もあります。残りの3割は亀頭が露出しいますが、その3分の1の人が2分の1以上露出していると言うことです。

 

クリ卜リスの皮かむりは普通なんですよ。ただエッチ時の感度を考えると、やはりむけてた方が良いですけどね!現在はクリトリス包茎の施術も普通に行われていますね!

 

クリ卜リス包皮の長さは、3~4センチの女性が多く、大部分は3センチ以下で、4センチ以上も若干いるみたいです。

このクリトリスの包皮の長さを小陰唇の左右対称性との関係でみると、小陰唇の左右対称性は包皮長の3センチが一区切りであること、3センチ以下になると、クリ卜リスのビラビラの左右不揃いが、目だってくるようです。

クリ卜リスの仕組み・クリ卜リスの発育

 

処女とエッチ経験者とを比べてみると、処女のほうが総じて短く亀頭発育にしても、横径が5ミリ以下(平均5~7ミリ)という乏しい発育のものが4割も占めているようです。クリトリスは、エッチをすることで男性に触られることが発育を促すのかもしれませんね。

 

一人エッチを日常的にする女性であれば、その発育も促されるかも?クリ卜リスは何の刺激を与えなくとも、クリトリスの亀頭の2分の1以上が露出していますし、2分の1以下の一部露出している例もあり、合わせると程度の差こそあるものの24%の女性の陰核亀頭は露出していることになるのです。

 

処女でも約20%あり、処女といえども亀頭露出がかなり存在することになります。この陰核亀頭の露出具を小陰唇のビラビラとの対象でみてみると亀頭が露出していない場合が、小陰唇のビラビラの対称性に欠けます。

 

また2分の1以上露出している場合には、約8割のものがきれいに左右が揃ったそろった小陰唇のビラビラをもっていることになります。亀頭の露出程度と膣入ロの露出具合でみると、亀頭の露出程度が大きくなるにつれて、割れ目の開き具合も大きくなるようです。

 

2分の1以上、亀頭が露出しているものでは、膣入口や処女膜までが見える割合が高くなっていて、クリトリスの大きいものほど、足を開いたときに、割れ目は締まりなく緩んでいることになります。

クリ卜リスの巧妙な仕組み

 

女性器は、性的興奮を催すと同時に、クリトリスが大きくなり、両側の小陰唇を割って陰裂を開けます。それは小陰唇でふたをされていた膣入口があらわれてくる訳です。このことは男性にも女性にも好都合なことです。

 

このようになるのは、小陰唇が陰核包皮の下端から発っしているためでありますが、考えてみればじつに巧妙な仕組みなんですよ。クリトリスが大きな女性は、割れ目がふだんでも開いていると言う事にもなります。

 

クリ卜リスの仕組み・クリ卜リスの大ささ

 

クリトリスの大きな女性は感度もいいのでしょうか?女性が性的な快感を得るのは、クリトリスによるのか、それとも膣によるのか、Gスポット、ポルチオ?色々な議論があります!

 

古い話ですが、膣オーガズム説を主張したのは、精神分析の祖フロイトです。彼は女性のオーガズムが陰核によって得られるのは思春期までで、成熟するにつれ、膣で感じるようになると唱えました。

 

まだ幼少でもちょっとしたはずみで、クリ卜リスを刺激すると快感を感じることを知り、自然にオナニーを覚えるケースはしばしば見られます。また、エッチを体験するようになると、オーガズムは膣をとりまく筋肉の収縮となってあらわれます。

 

これに対して、女性のオーガズムはクリ卜リスに対する刺激によって生じると主張した学者もいます。彼らの言うクリトリスは表面に見える部分だけでなくクリ卜リス組織全体を指しており、厳密には膣オーガズムも含んでいます。

 

女性がオーガズムを膣で感じるか、クリトリスで感じるかは、別としてクリトリスが刺激に対して、もっとも鋭敏な場所であることは確かですね。

クリトリスが大きければ感度良好なの?

 

クリトリスが大きければ、それだけ感度良好と言えるのでしょうか?見た目の発育状態がよければいかにも感度良好のような気がしがちですが、これはかならずしもそうとは言えないのです。クリトリスの大きさは女性器の名器の証明にはならないのです。

 

エッチ時における機能とは、端的には刺激に対する感度の問題であるのです。クリトリスにかぎったことではないですが、この感度のよしあしは、その器官の大きさとか形には関係ありません!感覚神経分布の量的な差によります。

 

見た目には小さなクリトリスでも、単位当たりの神経分布の密度が、非常に高ければ、それだけ感度もよくなる訳です。そして感度の良し悪しには、パートナーの問題もあります!

 

いくら見た目にも発育がよく、神経分布の密度が高くても、男性のペニスがお粗末では、快感が生まれるはずはありません!また女性の感度は男性のテクニックに大きく左右されます。


 
湘南美容外科クリニック 聖心美容外科 家で黒ずみケア 横浜中央クリニック詳細