自分の女性器

女性器とアンダーヘアきちんと向き合ってますか?

女性器の臭いがきつい気がしませんか?

 

アンダーヘアを処理することで、改善する可能性がありますよ。なぜかと言うと、iラインの毛には尿や生理の時の経血が付着し、oラインの毛には便がつくなど、アンダーヘアは不潔になりがちなんです。そこを処理することで、臭いは気にならなくなるはずですよ。

 

デリケートゾーンを保護するためにアンダーヘアって本当に必要なんでしょうか?アンダーヘアは蒸れて雑菌が繁殖したり、湿疹を引き起こしたり、膀胱炎や感染症などの原因になることもあるくらい不衛生なものと思われます!

 

現代の衛生的な生活環境では、アンダーヘアは、不要なものと言えるのではないでしょうか!それで、VIO脱毛(デリケートゾーンのヘアを全て、脱毛するスタイル)の人気が高まっているのです!

 

また、デリケートーゾーン専用のソープも臭いケアに有効です。中性など普通の石鹸は、女性器特有のを強い酸を落とし過ぎてしまい、雑菌をかえって増やしてしまうことで臭いを誘発する要因になりますが、専用の弱酸性石鹸ならその心配もありませんよ!

自分の女性器の黒ずみが気になるの?

 

女性器の黒ずみは、摩擦が大きな要因と考えられます。後天的な原因もあります。下着と肌の摩擦の積み重ね。特に同じ形をした下着をつけていると、同じ所ばかりこすれて黒ずんでしまいます。たまには下着の形を変えたり、締め付けの緩い下着に替えてみましょう。

 

女性ホルモンと女性器の黒ずみは関係あるの?

 

女性器の黒ずみは、女性ホルモンが噴出している証拠とも言えます。妊娠すると乳首や女性器が真っ黒くなりますし、子供やお年寄りは、女性ホルモンが少ないため、色が薄いです。

 

ホルモンの影響も多少ありますよ。事務職で机に座っている時間が長いと(血液やリンパの循環が悪くなる。)下半身がうっ血して女性器の黒ずみの原因になることまもありますよ!

 

デリケートゾーンの皮膚は身体の中で最も薄く繊細なため刺激に弱い部位と考えてくださいね。事務職で机に座っている時間が長い人は、ドーナツ型のクッションを使って、外陰部と椅子の摩擦を抑えることです。このような生活習慣の改善で、黒ずみは薄くなるはずです。

アンダーヘアの基準とは?

 

アンダーヘアは人それぞれ、無理に処理をしなくてもいいと思いますが、最近はパンティーからはみ出さないようにと、Vラインの毛を整える程度に処理している人は多いです。

 

現在では、iラインやOラインの毛は必要のないものとして考えられています。臭い対策やかゆみ対策を考えると、全部なくした方がすっきりするかもしれませんね。パンティーを穿いているので、毛がなくても雑菌が陰部に入る心配はありませんよ。

医療クリニック・強いレーザーで少数回で脱毛

 

クリニックで使用しているのは、出力パワーが強いレーザー脱毛。エステサロンに比べると痛みは強いが、最近は少しずつ緩和しています。料金はエステサロンよりも高額、 5〜6回など少ない回数で脱毛が完了します。

 

エステサロン・格安料金で脱毛ができて痛みが少ない

 

医療をクリニックよりも出力が弱い光脱毛機による施術。回数は医療クリニックの倍以上かかってしまうけど、痛みが少ないのはメリットですね。料金もリーズナブルで初回1000円とか、両わきとVラインを回数制限なく、何度でも脱毛できるプランもあります。

 

ブラジリアンワックス・痛いです!でもその場でつるんとすっきり

 

脱毛したい部分に水あめ状のワックスをからませ、上から押しあてた紙を一気にはがして毛を抜きとる方法です。メリットは即効性。レーザーや光脱毛は毛を剃った状態で施術するから、処理してしばらくは、ちくちくするけど、ブラジリアンワックスならその場ですぐにツルン!即行の予定があるときに非常に便利です。

彼氏に女性器の形が変と言われました!

 

そんなことを言う彼氏は最低ですね。女性のあそこの形に正解ということはありません。人と比べることがない分、悩んでしまうのは当然。

 

第二次性徴期に大きくなることが多いのですか、前から女性器を見た時にひだが見えるくらい大きいと、見た目はもちろん、そのせいで局所が蒸れたり、かゆみの原因にもなります。

 

もしも気になるようであれば、ひだを切って縫うという手術を受けるとするスッキリしますよ。今は美容外科クリニックの人気が高まっており手術を受けに若い女性からお年寄りまで多数訪問しています。

エッチ後、女性器がかゆくなったりおりものの量が増えたりしてませんか?

 

代表的な性感染症とは?

 

性器クラミジア感染症と性器ヘルペスウイルス感染症、尖圭コンジローマ、淋菌、梅毒が、一般的にかかりがちな性感染症と言われています。

 

性感染症は性行為で感染する病気のことで、なかでもクラミジアは淋菌は、オーラルセックスで喉にも感染します。女性器に感染した場合は、おりものの増加や下腹部の痛みなどが特徴です。

 

最近感染者が急増しているのが梅毒です。心臓や神経などに重い症状が出ることで知られた怖い病気ですが、現在では重症になることはありません。でもを早急に婦人科を受診することが必須条件です。

 

性感染症の感染ルートとは?

 

性行為以外の日常生活における感染ルートは?性器ヘルペスウイルス感染症は、お風呂でうつる可能性がありますよ。そのルートは湯船というよりも椅子など浴室内での道具の共有がほとんどです。症状があるときは、タオルの供用をもう控えた方がベストです。

 

1.性器ヘルペスウイルス感染症

 

性器に水膨れやただれのようなものができ、排尿ができないくらいの痛みを伴います。一度感染すると完治することはありません。

 

2.性器クラミジア感染症

 

感染しても表情を感じにくく気付かずにパートナーに移してしまうこともあります。放置すると卵管炎を起こし、不妊症の原因にもなります。

 

3.尖圭コンジローマ

 

性器や肛門の周辺にイボができる病気。自覚症状はほとんどなくできたら軟膏で鎮めたり手術で切除しますが、再発の可能性もあります。

 

4.淋菌感染症

 

どちらかといえば女性は男性よりも症状が軽いことが多いが、放っておくと骨盤腹膜炎など不妊症の原因にもつながります。

一生治らない性器ヘルペスウイルス感染症

 

性器ヘルペスウイルス感染症は、残念ですが一生治りません。薬で治しても、体の中にウイルスがとどまっているので、体力が落ちるとまた発症してしまいます。

 

コンドームをつけていても、パートナーにうつす危険性もあるので症状があるときは気をつけて。性器クラミジア感染症も、骨盤内まで症状が進んで不妊症まで行ってしまうと、それはもう治りません。

 

早期の治療が不可欠です。尖圭コンジローマも完治しにくい病気と言えます。手術でいぼを切除しても、3カ月以内におよそ25パーセントの確率で再発すると言われています。

 

性器にかゆみがあったら病院で確実に調べてもらうのがベストです。

 

性器がかゆくなると性感染症のような気もするけれど本当のところそうとも言い切れないんですよ。

 

性器のかゆみでよくある病気は膣カンジタで、これは性感染症ではありません。むろん性交渉でうつることもありますが、ほとんどは自家感染です。カンジタ菌は健康な情勢でも持っている常在菌。

 

疲れて免疫力が落ちると膣の中にいるカンジダ菌が増殖して、外陰部のかゆみやおりものの増幅といった症状を起こします。このような場合も婦人科に行って薬をもらうなど適切な処置が必要となります。

 
湘南美容外科クリニック 聖心美容外科 家で黒ずみケア 横浜中央クリニック詳細