エッチ体位

エクスタシーの決め手になるカップルのエッチ体位・ベストアングルとは?

ペニスの挿入角度は体位によって全く違いますよ!

 

正常位・・・支配欲と服従欲の両方を同時に満たす基本的・理想的な体位

 

人間のエッチへの欲望は一般的に男性は支配欲、女性は服従欲と言われています。つまりこの公式通りに男女がエクスタシーを得られる体位。

 

最も理想的と言われています!男性が女性の上にかぶさリ、女性はそれを喜悦の衣情で受けとめます。

 

男性の能動と女性の受動とが、合体され男女それぞれが思い通リのエクスタシーに自然な形で到達できる初歩的な体位です!

 

正常位はシンプルなラーゲのなかに理想的なエッチ理論が含まれています。自然なな正常位では膣の方向が斜め前下方、対してペニスは床面に平行であるため、刺激度はそれほど強くありません。このため、正常位バリエーションが必要となります。

 

伸展位はペニスが圧迫され刺激度大。クリトリスへの攻撃も強力です。このとき両脚で女の子の脚をはさみ込むようにすると、かなりの締めつけを期侍することかできます。さらに屈曲位ではペニスの挿入度がぐーんとアップします。

 

後背位・・・男の体勢で角度は大きく変化しお互いの快感の差も大きい!

 

後背位とエクスタシーの関係はぺニスの挿入アングルが大きな鍵を握っています。

 

パツクから挿入、そしてピストン&グラインド。その主導権は、男性側にあるわけだから、男性にはある程度のテクニックが要求されます。

 

男性が上半身を女性の背中に近づければ近づけるほど、アングルからいってぺニスの挿入度は弱くなるので要注意です。

 

 

逆に女性の背中から遠ざかると挿入度は強まります。ところが、後背位の難点はここ。ぺニスの挿人度が強まるのに反比例してクリトリスは、次第に刺激を受ける範囲外に置き去りにされてしまうのです。

 

つまり、ぺニスのアングルはOK!男性いい気分になってピストン&グラインドを繰リ返しあげくの果てに射精したとしても女性はクリトリスが全然刺激されず、エクスタシーなんかとんでもないと言う事態が起こり得るのです。ぺニスのアングルはクリトリスにも配慮しなくてはなりません!

 

座位・・・対面か背面かで同時愛撫のバリエーションも異なってくる!

 

体位というものには男女向かい合う対面と女性が背中を向ける背面の2種類あります。なかでもこの座位は対面時と背面時とで、ペニスの挿入度が全く違うため、エクスタシーにもかなリの差。対面と背面の二つは全く違った体位と思ったほうがよいです。

 

対面座位。男性と女性の体がくっつき加減でぺニスを挿入した場合はアングル的に難しく、たいした挿入度、刺激度は望めません!

 

ところが、いったん女性が男性の両手に支えられて上体を後ろに反らすとペニスの挿入度は完璧。女性にとっても、クリトリスへの刺激は、他の体位では味わえないものがあります。

 

正常位のバリエーションとして、上手この体位に移行していきましょう。対して、背面座位はペニスと膣のアングルのくい違いが大きくペニスが前壁に向かってしまいます。これではエクスタシー到着は難しいです。

 

松葉くずし・・・つなぎの体位としてはエッチっぽいが?

 

松の葉が2本絡まったように見える点からネーミングされた松葉くずし。この体位でエクスタシーに達しようというのはちょつと難しいが、正常位から側位と言うように、ある体位から別の体位に移動する際のつなぎ体位としては、効果はあります。

 

横たわった状態で松葉くずしを試みる。ペニスも結合部分の邪魔が多く、思ったよリも膣への挿入度がよくないです。挿入度をアップさせようとするなら、ペニスをこねくり回すぐらいの覚悟が必要です。

 

横たわった状態から女性の片脚をかかえて空中に引っぱリ上げながら挿入する逆さ落としの松葉くずし。このスタイルならぺニスによるピストンが上下運動になるので男性側は、かなリパワフルな挿入が可能です。

 

立位・・・どこでもできる体位ですが快感もやはりその程度!

 

立位は基本的に場所を選ばずどこでもできる。立ったままだから、ベッドも必要としない。まさにTBOを問わない体位ですが、インスタントエッチはあくまでインスタントエッチ!エクスタシーと言う点から言っても、エッチの奥義を極めるには至りません!

 

お互い立ったままの姿勢からだと男性のペニスがよほど上を向いていないと挿入不可能!挿入するとなると、女の子が両脚を開いて立ち、男性が体をかがめながら入れるしかありません!

 

入ったとしても、挿入度は弱いしおまけに、激しくピストン運動を繰り返すと、ぺニスが脱落する恐れがあります。立位では挿入前後に各部位への愛撫を充分に行ない、刺激度の弱さを力バーすることです。

 

対面立位は男性が両手で女性のヒップをしっかリ支えてあげましょう。

エクスタシーに達しやすいのはお互いの表情が確かめられる正常位と女性上位!

 

体位と言っても実にさまざまです!エクスタシー体位!男女がエクスタシーを迎える瞬間にふさわしい体位は正常位と女性上位と断言できます!

 

個人的な好みなもありますが、他の体位は役割からいくと体位変化のつなぎ役だったり、ぺッティング的な効果だけだったりするのが一般的!

 

正常位や女性上位がエクスタシーを迎えるのにふさわしいのでしょうか?エクスタシーというものは単に性器から刺激だけで導かれるものじゃないんですよ。視覚・聴覚・触覚などの五感が備わって成立するものと思ってもらったほうがいいです!

 

真のエクスタシーとはぺニスと女性のアソコとの結合だけでは生まれないと言うことです。正常位と女性上位が、エクスタシー体位と呼べるのは、お互いが向い合っているため表情も見えるし、快感の声もストレートに届きます!

 

抱き合って一心同体こなることも可能。ペニスとアソコの結合以外に視覚・聴覚・触覚などの刺激をプラスアルファすることができるからです。

 

常に男女どちらかがベッドに仰向けのままだから、リラックスできることも大きな利点です。今、女性の間では80%が正常位、残りのほとんどが女性上位と支持しているようです!

女の子の体は単純じゃない!

 

女の子にとって一番気持ちいいのは、クリ卜リスかヴァギナか?分けて考えられるぼど女の子の体は単純ではありません。

 

ヴァギナ・オーガズム

 

確かにクリトリスは、女の子にとって最も快感を得やすい部分だからここを外してエクスタシーに導くと言うことはヴァギナが未開発の子には、困難だと言えます。

 

でも、クリトリス・オーガズムには、なんとヴァギナ・オーガズ厶が含まれているという話があるんですよ!

 

というのはクリトリスは、球体だけではなくて、内部で海綿体がつながっていて、ちょうどそのクリトリス組織が膣を左右からはさみこんで、入口から3分の1くらいまでを包んでいるという訳です。

 

したがって、挿人グラインド運動はヴァギナをゆるがしながら、クリトリス組織をも刺激しているということになります。さらに、膣の内壁3分の1あたりに神経細胞も最近になって発兒されているし、その3分の1のあたリにGスポットを持っているている女の子たちいると言うことです。

膣内の変化にもグラインドなら対応できる!

 

挿入というのは、要するに単純な若さに任せたピストンではダメなのです。さて、それではヴァギナの奥のほうはやっぱリ感じないのかと言うと、それが子宮口というのが侍ちかまえています。ここはあまリ激しく突き上げると傷つきやすいといわれています。


 
湘南美容外科クリニック 聖心美容外科 家で黒ずみケア 横浜中央クリニック詳細