小陰唇の色素沈着

肌色と女性器・色白の女性・色黒の女性の小陰唇・大陰唇の色素沈着

色白の女性に名器は多い

 

色白は、美人の条件の1つ、色の白いは七難隠すと言われ、肌の色の白さは、美人の条件の1つとされてきました。しかし、最近の若い女性の間では、色白がかならずしもいいとはされていません!

 

夏になれば、肌を焼くためにプールや海水浴場!真っ黒に日焼けした顔をして得意そうに歩いていたりします。女性器から見た女性の魅力度という点では、色白に軍配をあげたくなる結果が出ているのです。

 

男性が、色白を美人の条件の1つとして重要視したのも、女性のどこを見て肌色を判断するかと言うことです。顔色だけでは単純に決められないということは、誰にでもすぐにわかると思います。

 

顔の肌は、日に焼けて黒くなっていることもあるし、化粧の仕方でもすぐにごまかされます。大事なことは、その女性の元々の肌の色であって、日に焼ける部分の肌色は、あまりあてになりません!

 

また、女性の肌の色は体の部位によってずいぶん違い、脂肪沈着が多いかどうかでも色が違ってきます。そういう意味で、どこの肌色を基準にするかです。最近は露出度の高い水着で全身の肌を焼く女性も少なくないです。

 

お尻などは、比較的日光にさらされない場所と言えますが、ここは体位によって伸縮自在であり、伸びたときの肌色が本物か、縮んだときの肌色が本物か、決めかねます。

 

太腿の内側で足のつけ根付近の色を肌色の基準にするのがベスト!ここならめったに日光にさらされることもないし、女性の肌の特徴の1つである脂肪沈着も適度にあるからです。

 

暗がりでは白く見えた肌が、昼間の太陽の下では、色黒だったということもあります。肌色の区分は、色黒、普通、色白の三段階にすると、普通肌の女性は全体の42%とやはり一番多く、ついで色白32%、色黒25%と言う結果があります。

 

また、肌色と体格、肌色と臀部下垂の関係では、一般的に太っている女性は肌の色も白いと思われているようですが、色黒で肥満という女性も、かなりの数になっています。

 

お尻の垂れ具との関係では、色白ほどお尻の上がった女性が多く、逆に色黒の女性はお尻が垂れている結果もあります。どうも、一般的には色白の女性のほうが、よいプロボーションの持ち主が多い感じです。

 

肌色と女性器・色白の女性には膣の下つきが多い!

 

小陰唇から肌色との関係を見てみると、小陰唇の縦発育、つまり高さからみると、肌色によって、その女性の小陰唇はこうだとは、決めにくい。

 

強いていえは、色白の女性の3分の1以上は10ミリ以下の貧弱なものであり、小ぢんまりした印象を受けるということです。小陰唇の長さ、幅(厚さ)については、意味のある相関関係はないという結果が出ています。

 

つぎに、大陰唇の発育との関係を見ると、目立って差のあるのが、厚さ5ミリ以下という.ふくらみの乏しい大陰唇の割合です。肌色の黒い女性に多く、普通肌、色白の女性の順でその割合が減っています。

 

色白の女性のほうが、色黒の女性より、大陰唇には厚みがあると言えます。色白の女性の小陰唇は、比較的ふっくらとした大陰唇のあいだで、小ぢんまりとしているのに対して、色黒の女性の場合は、大陰唇の厚みが乏しいぶん、見た目にはちょっとすっきりしないとでも言えるのかな!

 

つぎにクリトリスの発育状態はどうか!とみると、陰核亀頭の横径を測ったもので、色白と色黒では明らかな差が見られます。

 

横径が5ミリ以下の発育の悪いクリトリスは、色黒女性がもっとも多く、それに比べて色白の肌の女性は、もっとも少なくなっています。逆に、7ミリ以上と発育良好のクリトリスは、色白の女性にもっとも多い結果です。

肌色と膣入口の位置はどうか上つきか下つきか!

 

その結果は、色白の女性には下つきが多く、色黒と普通肌の女性なら、4人に1人は上つきという結果です。また、色黒の女性には、他の肌色の女性にくらべて中央のものが少なく、そのぶん、前後のどちらかに片寄っているようです。

 

色黒の女性の膣入口の位置は、バラエティーに富んでいるという訳です。この肌色と膣入口の位置では、一般に白人の女性は下つきが多いと言われています。膣入口の位置についてみれば、日本女性の中の色白の女性は、白人に近いという結果があります。

 

それなら色黒の女性の膣入口の位置のパターンは、黒人女性のそれと似ているのかというと、それはなんともいえないのです。

 

色白の女性と色黒の女性の女性器の違いは、どちらがいいかの判断は、人それぞれですが、肌色に関していえば、女性器の見た目の印象もずいぶん違うと思います。

色白の女性は意外に毛深い事実!

 

肌色と小陰唇の色素沈着の関係は、小陰唇に色素沈着がない、ピンク色の小陰唇の持ち主は、圧倒的に色白の女性に多いです。また、小陰唇全体に強く色素沈着しているものは、色黒の女性に断然多いと言う事。

 

小陰唇の色素沈着の程度は、肌色からかなり推定できるという訳です。もちろん、色白の女性にもかなり濃い色をした人はいますが、色黒の肌をした女性について言えば、軽度の色素沈着などむしろ例外的と言えるくらい比率が低いです。

 

色黒の女性の小陰唇は褐色をしていると言ってほぼ間違いないのです。

 

大陰唇の色素沈着についても、これと同じようなことが言えます。大陰唇の色素沈着については、同じように色がついていても、その範囲が陰毛の発毛範囲の内側でおさまっているか、外側にまで広がっているかで、ずいぶん印象が違ってきます。

 

やはり黒々としているのは、陰毛の発生範囲より外にまで広がったものです。そうした広い範囲に強く色素沈着しているもの、つまり黒々として見えるものは、色白女性でもいますが、色黒の女性ではかなりの人数がいます。

 

色黒女性の半数近くが、いかにも黒々としている訳です。肌色の白さと女性器の色づきの問題でいえば、色が抜けるように白い北欧の女性などは、大陰唇にはほとんど色素沈着らしいものが見当たりません。

 

薄赤く変色した程度のものが大部分を占めています。これに対して黒人女性の場合となると、きわめて少数の例でしかいえないのです。他の肌の色が黒ければ、女性器の色も黒くなってくるというのは、ごくあたりまえのことかもしれません。

 

日本の女性の場合は、いくら色白だといっても、北欧女性のようなわけにはいかないので色づいたものも、かなり見られるということです。陰毛についても、陰毛のはえ方ですが、色白の女性には、大陰唇を越えて、横に広く発毛している女性が多いです。

 

陰毛密度についても、色白の女性のほうが密生していると言えます。ただ、陰毛の硬さからいうと、色白の女性はそれほどごわごわな剛毛ではありません。むしろ、ごわごわが多いのは色黒の女性で、色黒の10人に3人は剛毛の持ち主です。

 

陰毛の色について言えば、日本女性の大部分は黒色だが、なかには褐色の者がいないでもないです。もちろん、褐色のものは色白の女性に多い訳わけで、褐色のもののほぼ80%は色白の女性に集中している結果もあります。

 

ただし、処女のときは、金色と思えるほどの淡い褐色のものでも、出産を境にして黒みを増します。


 
湘南美容外科クリニック 聖心美容外科 家で黒ずみケア 横浜中央クリニック詳細