女性のエッチなアソコの味

女性のエッチなアソコの味とは?膣分泌液・愛液とは?

女性のエッチなアソコの味とは?

 

女性のアソコの味は千差万別ですが、大別すると、やや甘いタイプとやや酸っぱいタイプに分けられると思います。

 

この味の違いが、エッチの初心者にもハッキリとわかるのが、排卵日の直前だと言われています。

 

女性は排卵日が近づくと、卵巣機能が上昇します。

 

血液中の卵胞ホルモンが増え膣内にグリコーゲンが多くなります。

 

グリコーゲンは原糖質とも言われ、糖分のもとになる物質。故にこの時期のアソコは甘くなるのです。

 

ところが、膣内にはデーデルラィン菌と言う細菌が存在しその菌がグリコーゲンを乳酸菌に分解します。

 

そして、その乳酸菌は、雑菌が膣内に侵入、繁殖するのを防ぐという重要な役割を果たしています。

だから排卵日近くの女性のアソコがやや甘いと感じられたら、膣内の乳酸菌の量が不足していると言うことで、やや酸っぱいと感じられたら、乳酸菌の量は適度だということなんです。

結論・アソコの味がやや甘い女性は、健康に留意する必要があります。一方、やや酸っぱい女性は、膣内のグリコーゲンがしっかり乳酸菌に分解されていて健康という証拠なんですよ♪

 

膣分泌液(愛液)とは?

 

膣分泌液(愛液)は、性的興奮時に分泌されるバルトリン腺液と同じように、膣ロの両側にあるバルトリン腺から分泌されると考えられていました。

 

ある学者が、愛液は膣壁から分泌される汗のようなものと言う説を発表して以来、バルトリン腺から分泌されるものではないという認識が広がって行きました。

 

分泌腺のない膣壁からどうして愛液が分泌されるのか、その謎はまだはっきりとは解明されていません。

 

今のところ膣粘膜の細胞と細胞の間に隙間がありその細胞間、および細胞のなかに愛液の貯蔵庫らしきものがあることが確認されている程度なんです。

 

実験で、20代女性のマスターベーション前後の細胞変化を調べてみたところマスターべーションの直後では、細胞間の隙間が広がり空になった細胞が増加していたことがわかっています。

 

そして、その4時間後には、空になった細胞が再びなにものかで満たされていたという結果と言うことです。

 

マスタ一ベーションによって、細胞のなかに貯蔵されていた愛液が流れ出て、その結果貯蔵庫が空になり4時間経過してから、貯蔵庫に再び愛液が補充されたのだと考えられています。女体の神秘ですね♪

 

エッチしすぎると愛液が涸れる?ウソ・本当

 

女性は性的な刺激を受けると、男性のペニスを受け入れる準備として、膣周辺の毛細血管が充血し膣粘膜の細胞と細胞の隙間を通して分泌液がしみ出してきます。

 

その分泌液が愛液です。愛液の分泌量は、性的に反応する初期の段階に多い。

 

やがて、興奮が高まりエクスタシーを感じるころには減っていきます。

 

女性が絶頂に達したにもかかわらず、男性がまだ射精に至っていないと、膣は乾いていき、男女ともに苦痛を感じることになります。

 

エッチのやりすぎで愛液が涸れることはありませんが、エッチの状況しだいでは、乾くことはありますよ。

 

男性のピストン運動が長い場合、女性の愛液の分泌は止まってしまい、エッチが苦痛になるケースもあります。長時間のエッチは注意が必要ですね♪

 

エッチの最中にアソコの音が鳴るのは当然?

 

エッチの最中、女性のアソコが突然鳴ることがありますが、男性にとってはいささか興ざめなものだし、女性にとっでは恥ずかしい音と言えます。一気にさめてしまうこともありますね。

 

あの音が鳴るのは、一種の自然現象であり女性の体の構造からして鳴って当然の音なんですよ♪

 

寝ころがって膝をかかえこむようなポーズをとったとき。そういう姿勢になって骨盤をもちあげると、女性の子宮と膣内には真空部分ができます。

 

そこへ、膣ロから空気が入ったところで体を動かすと子宮と膣壁が動き、空気を押し出して、音が鳴るのですよ。

 

エッチの最中に鳴るのも同様の姿勢をとったとき、つまり屈曲位の場合が多いはずなんです。屈曲位のエッチ経験ありますよね♪

 

また、女性の腰の下に枕を当てる、いわゆる腰枕状態にすると、この音は鳴りやすくなります。

 

さらにエッチでは、ペニスが膣口をこじあけ、膣のなかにより空気が入りやすい状態になっている。

 

そして、ペニスを深く差し入れるとなかに入った空気が外に押し出されて、音が鳴る訳です。

 

ごく自然な現象なんですが、それでもあの音が気になるという人は、エッチの体位を工夫するのもいいですね♪

 

男女のエッチの時のオーガズムは年齢を重ねると深くなるのでしょうか?

 

エッチで得られる快感の大きさは、個人によって大きな差があります。

 

とくに女性の場合、その差は顕著で、調査によると、過去に一度もオーガズムを感じたことのない女性は全体の10〜30%にも達し逆に一度のエッチで何度も絶頂感を味わえる多重型オーガズムの体験者は14%と言う調査があります。

 

最高のオーガズムを得られる年齢を男女別で見てみると、男性は15〜25歳で、女性は30〜40歳!

 

性的な刺激なしに空想だけでオーガズムに達することかてきる人がいますが、男性の場合は1000人に1人と稀ですが女性は50人に1人の割合なんです。

 

女性は閉経期を過ぎてもオーガズムに達しうる人も大勢いますが、男性なら勃起して射精しなければオーガズムはないですが、女性はそういった能力を必要としません。

 

閉経期を過ぎた女性がオーガズムに達したり、エッチしなくても空想だけで女性がオーガズムを得られるのは、大脳新皮質によるコントロールが強いためだといわれ
ています。

 

性欲やオーガズムが過去の記憶としてインプットされていて、それを大脳新皮質が再現させるという理由です。

 

過去のエッチの記憶がものをいい、女性は経験すればするほどより深く感じるようになっていくのです♪基本的には女性はエッチです♪

 

恥ずかしくて相談しにくい「デリケートゾーンの臭い」の悩み

 

なんと、その消臭率は驚異の99.9%!!!!

 

また臭いの元となる 汗ムレ・おりもの・経血などによる細菌の繁殖。

 

アクアデオは「菌の繁殖を抑える殺菌効果」「汗の分泌を抑えてくれる制汗」の働きを持っており、 消臭だけでなく、嫌なニオイの予防も可能!

 

デリケートな部分のケアに使用する商品のため、製造基準にはこだわり、肌に刺激を与えるものは一切使用していません。さらにデリケートゾーンだけでなく、足の裏やワキ、耳の裏など全身使用可能!

 

臭いに!満足率98.9%の『アクアデオ』

 

女性にとって小陰唇肥大の問題は大変多い悩みの一つです!

美容整形するなら<湘南美容外科クリニック>

 
湘南美容外科クリニック 聖心美容外科 家で黒ずみケア 横浜中央クリニック詳細