膣の締まり

人工的に名器(膣の締まりをよくする)を作りたいならこの方法がもっともベスト!

名器を作るにはお尻を締める運動が一番

 

名器を作るといっても、女性器には持って生まれた素質もあるし、その形を短期間で変化させることもできません。そこで、だれしも思いつくのは、さしあたって膣の締まりをよくする、てっとり早い方法はないかと言うことでしょう。

 

もし、そういう方法があるなら、妻や恋人に試させてみたいと、男性ならそう思うに違いありません。膣の締まりをよくする方法があるのでしようか。女性週刊誌には、名器作りの体操なるものがいろいろと紹介されています。

 

もちろん、体操で余分な脂肪を落とし、体を引き締めるのは悪いことではないです。肥満は、名器の大敵ですから。しかし体操で膣の筋肉が強化できるとは、とても思えません。

 

名器を作るには、ある女性週刊誌に、膣の締まりをよくするには、おしっこを途中でとめるとよいと書いてありました。これにはびっくり!そんなことで、膣の締まりがよくなるものではないからです。

 

いったん排尿しはじめるとなかなか途中でとめられるものではないし、そんなことに努力をすると尿道炎や膀胱炎など感染症の原因にもなりかねません!男性でも女性でもそうだが、排尿というのは、膀胱内の尿量がある程度一気呵成に出、その後、断続的に行なわれるのが普通です。

 

ことに最終段階は間欠的になりますが、この排尿が途切れると、逆流現象が生じてしまいます。外尿道ロ周辺には多くの細菌がいるから、これが逆流すると、感染症の原因になる恐れがあるのです。

 

ことに女性は、男性にくらべて尿道が短く、逆流による感染症にかかりやすいし、ましておしっこを途中でとめたりしたら、ますます逆流を増やし感染の危険性をわざと高めているようなものなのです。

 

性交によって、男性が淋病をもらってしまうことがあります。精液を出すのだから、どういうわけで淋菌が侵入してくるか、不思議に思われがちですが、射精も排尿と同じで、放出と逆流が間欠的に交互に起こっているからです。

膣の締まりをよくしたいのなら、むしろ肛門を締めたり、ゆるめたりする運動をくりかえしたほうが効果的なんです。というのも、肛門の収縮は肛門括約筋と挙肛筋が受け持っていますが、この二つの筋肉は膣入口のまわりの筋肉とつながり、8の字状になっています。

 

したがって、肛門を収縮させれば、ごく自然に膣の筋肉も収縮します。しかも、膣の筋肉は随意筋と不随意筋の中間的存在ですから、訓練によって、ある程度、緩急のコントロールを可能にすることができます。人工的に名器(膣の締まりをよくする)を作りたいなら、この方法がもっともベストだと思います。

ジーンズは女性器にとって最悪なんですよ!

 

女性のきもの姿!これが最高なんですよ!きもの姿のよさはたんに色気だけにとどまりません。きもの姿は、女性器にとって、ほとんど理想的な環境づくりともいえるのです!ただし、残念ながら、きもの姿といっても、現代女性のそれはあまり理想的とはいえないのです。

 

昭和以前の女性は、パンティなどという女性器をビタリと覆う、よけいなものをつけていなかったころの話ですが・・・現代女性のファッションは、女性器にとって、まさに劣悪な環境といっていいのです。

 

パンティのみならず、ガードルで締め付けられ、そこにパンティストッキングが加わる。これだけでも、女性器は圧迫され、かなり苦しいはずですが、さらにジーンズでもはこうものなら女性器にとっては、まさに悪辣な環境と言えます。

 

 

たしかにジーンズ姿は格好がいいかもしれないし、男性の目からみればセックスアピールもあります。しかし、ジーンズというのは、もともと生地が硬いうえに、縫い目は男仕立てで、あの硬い縫い目が、もろに女性器にあたるようになっています。

 

ピタッとしているものほど、股間にくい込んで圧迫しやすいことは言うまでもありません。ジーンズの中では、小陰唇も不自然な格好を余儀なくされていることでしょう。もちろん、これがただちに小陰唇の形の変形を招くかどうかは、わかりません。

 

窮屈なジーンズを長い時間はくことは、女性器によかろうはずがありません。圧迫され、風通しの悪くなった女性器はむれてきます。まして、下着やジーンズが不潔だったりすると、これはもう最悪の状態です。

 

歩くたびに、下着の女性器にあたる部分は前後に揺れ動きます。それがジーンズの縫い目によって、割れ目の奥深いところにこすりつけられるのだから、女性器全体に汚れをまぶしつけているようなもので、膣炎や膀胱炎などの原因にもなりかねません。膣の締まりをよくし、名器を作りたいならジーンズは女性器にとって最悪なんですよ!

膣の締まりをよくし名器を作りたいならノーパンが一番

 

なんでびっちりしたパンテイはよくないのでしょうか?女性の下着といえば、男性にとっては、なぜか知りませんが憧れを感じさせるものでしょうが、とくにパンティは、女性器に直接ふれるものだけに、その感は一層つのりまが、パンティは女性器の管理、膣の締まりをよくし、名器作りに大いに関係してくるのです。

 

最近の若い女性のはくパンティは、たためば手のひらにすっぽりおさまるくらい小さなものが多いですが、体にあまりにもピタッとしたパンティは、女性器のためにはあまりよくないのですよ!と言うのも、女性器のためをいえば、できるだけ自由に解放された状態が望ましいからです。

 

これは、ひとっには女性器を不必要に圧迫しないためであり、また女性器をつねに清潔に保っためであります。女性器の管理を考えるうえで大事なのは、そこを細菌繁殖の培養地にしないことなのです。

 

女性器が無菌状態、あるいは乾燥状態にあればよいのですが、しかし、膣の中には、ラクトバチルスのように、膣を清浄に保ってくれるよい細菌も含め、大腸菌をはじめ、さまざ
まな悪さをする細菌がはいり込んでいる可能性が高いのですよ。

 

なにしろ、肝心の女性器からわずかな距離のところには、肛門があります。もちろん、こうした細菌も、乾燥状態では繁殖が押さえられます。女性器はつねに湿潤であり、体温もあります。

 

女性器にかぎらず、人体のどの部分をこれを避けるには、女性器の風通しをつねによくしておく必要がある訳ですが、その点、女性器を圧迫するような、ぴっちりしたパンティは望ましくないのです。

 

また、吸湿性や通風性の悪い合成織維のパンティも、同様な理由で、女性器にはあまりよくないのです。とくに、最近の女性のほとんどが、パンティの上からパンティストッキングをはくので、ますます通風が悪くなって、女性器を細菌の培養地にしかねない訳です。

 

それでは、理想の下着はと言うと、私は、ノーパンだと言いたいです。女性の立場からすると、ノーパンはいささか不都合かもしれません。何のガードもなければ不安でもあろうし、また、とくに性的興奮状態でなくても、女性の膣からは、つねに分泌液が出ています。

 

排卵期前後にはその量も多くなりますが、それを垂れ流している訳にもいきません。となると、股間を覆う何らかのものが必要になりますが、できれば女性器を圧迫しない、ガバッと大きなものがいいんです。ブルマーのようなスタイルのもの。素材も、吸湿性にとんだ木綿が一番なのです。

 

女性が歩くと、パンティの股間の布も前後に微妙に揺れ動く!女性器をピタッと覆う小さなパンティには、じつは、もう1つ問題があるのです。それは、歩いたとき、女性器にふれている布の部分はどうなっているか、ということです。

 

おそらく女性も気がついていないと思うのですが、女性が歩くと股間の小さな布片も、足の動きにつれ、前後に揺れ動いているのです。と言うのも、女性がちょっと足のポーズを変えると、それにつれて大陰唇の表情もさまざまに変わります。

 

ここほど、その形がつかみにくいところはないのですが、歩けば当然のことながら大陰唇の形がさまざまに変化します。その上を覆う薄い布も動かざるをえない訳です。さらに、パンティストッキングにしても、中央の縫い目は固定されている感じがしますが、じつは激しく前後左右に動いています。

 

本来なら、縫い目が股間に収まって固定されるはずですが、たいていの女性は下にすべりのいいパンティをつけているので縫い目もすベって動くのです。女性のスカートの中で、いかなる下着の動きが展開されているか、それはご想像におまかせしますが、問題は、こうした下着の動きは、後ろの汚れを前に伝えるということなんです。

 

女性の肛門はかならずしも綺麗だとは言えません。肛門に拭き残したモノを付着させたままで何食わぬ顔をしている女性が、結構いるんですよ!この拭き残しは当然、下着を汚します。この汚れた下着が前後に動けば、女性器全体が汚物まみれになりかねないのですよ。

 

ぞっとする男性もいるでしょう。その点から考えても、あまり女性器をピタッとおおわないデ力パンがいい訳だし、何回も下着を替えてほしいですね。

 

もちろん、デ力パンでは色気はないですが、これはあくまでも日常の女性器管理のためであって、色気が必要なときは、勝負パンティで男性の目を楽しませる下着にはきかえればいいのですよ。膣の締まりをよくして名器を作るには、このような工夫も必要なんですよ。


 
湘南美容外科クリニック 聖心美容外科 家で黒ずみケア 横浜中央クリニック詳細